HOME >>

腕、足の痛み 全身の疾病

手足のまひ 高血圧  心臓疾患

あなたは、塩辛いおかずで、ご飯を食べるのが好きです。夜も寝る前に、軽く一杯が習慣です。チューハイやハイボール、ビールを飲み、煙草を吸う。体に悪いとは思うものの毎日の過労やストレスをやり過ごすために止められないのです。

ある日、頭が、重く肩が張り、腕が痛く、体もだるいのです。肩こりかなと訪れた病院で血圧を測ってみると上が150以上あります。この症状は、高血圧だったのです。

治療は、循環器科や高血圧の専門医を訪れ、生活改善をしながら、経過をみます。減塩食、アルコール摂取制限、禁煙を試みます。有酸素運動や減量も必要です。

生活改善で十分な降圧が出来ないケースでは、降血薬を服用し2~3ヵ月かけて血圧をコントロールします。高血圧は、心血管、脳血管が詰まり、出血する合併症が懸念されるので、血圧をコントロールするのは、大切なことです。1年以上血圧をコントロールできれば、降圧薬の量を減らすこともできます。

肩こり、体のだるさに加えて、胸も背中も痛く、肩から左腕にかけてしびれ、のども痛いといったケースでは、狭心症が疑われます。これは、血管内が狭くなり、心筋に十分な酸素が送り込めないとき起こります。糖尿病、脂質異常症、高血圧に続く動脈硬化が原因です。

上記のような発作が、安静にしても起こるケース、何度も起こるケースは、循環器科や内科を受診します。心電図や心臓カテーテル検査を行います。治療法は血液をサラサラにするなどの薬物療法、バルーンで血管の狭窄部を広げる経皮的冠動脈形成術、狭くなった血管の先に他の健康な血管をつなぐ冠動脈バイパス手術があります。年齢、合併症の有無、冠動脈の状態により決まります。糖尿病、脂質異常症、高血圧の治療も並行して行います。