HOME >>

腕のしびれ

腕のしびれ 頸椎症性脊髄症

両手がしびれ、手術まで必要かもしれない病気とは、一体どんな病気なのでしょうか。

これは頸椎症性脊髄症といい、頸椎症という首の骨の異常のために脊髄が圧迫される病気です。

手のしびれ、足のしびれ、歩行障害、膀胱障害が起こります。

成人の頭は5~7キログラムと重く、これに加え両腕の上肢の重さも頸椎にかかります。

頸椎は寝ているときを除き、かなり大きな負担を日常的に強いられています。こうした負担のために、頸椎が徐々に傷んでくる状態を頸椎症といいます。

 

頚椎にある椎間板がつぶれてくると、骨が硬くなり棘のような骨が出来ます。脊髄の後ろ側にある上下の骨をつなぐ靱帯が厚くなることもあります。こうして徐々に頸椎が傷んできて、さまざまな首の異常が生じるのです。

自分の手のしびれは椎症性脊髄症なのか、どうやって見分ければ良いのでしょうか。

無理に首をそらすと首の異常が悪化するので危険ですが、目薬をさすときなどの上を向いたときにしびれを強く感じた、と病気の経験者は言います。

しかし、首をそらしてもしびれが強くならないときもあります。どこの首の骨が脊髄を圧迫しているかによって、症状が変わってくるのです。

頸椎の異常によって、脊髄から左右の腕に伸びる神経根が圧迫されるケースでは、どちらか片方の手がしびれます。

肩から手にかけて痛むこともありますし、手に力が入りにくいこともあります。この場合は、頚椎症性神経根症といいます。

 

頚椎症で脊髄が圧迫されるケースでは、ほとんどの人が両手がしびれ、物がつかめなくなります。足元がふらつき、足がしびれることもあります。まれに片手だけがしびれたり、両手のしびれ具合が違うといったケースもあります。

他に、頚椎の異常で神経を圧迫する病気は、頚椎椎間板ヘルニアや後縦靱帯骨化症があります。