HOME >>

首、肩のこり いたみ しびれ

首のしびれ  脊柱菅狭窄症 

脊柱菅狭窄症は、首の骨である頚椎や腰の骨である腰椎に起こることが多い病気です。

脊柱菅の真中にあるのが、脊髄ですから、脊柱菅が狭いとさまざまな症状が出ます。脊柱菅狭窄症には、生まれた時から、脊柱菅の一部が狭くなっているため、脊髄や神経根を圧迫するケースと、年齢を重ね、椎骨や軟部組織の変化で脊柱菅が狭くなり脊髄や神経根を圧迫するケースがあります。

加齢で頚椎に脊柱狭窄症が起こるケースでは、症状は、徐々に現れます。まず、肩こりのような筋肉の張りを感じ、首を前屈みにしたり、上向きにすると肩から腕にかけて痛みを感じます。次に、腕、手指に異常を感じます。腕の痛み、疲労感に加え、手指がしびれる、熱さ冷たさを感じない、字が書き難い、ものがつかめないなど。最後に、足にも手と同じような症状が現れ、歩行困難になり、膀胱障害も起こります。

加齢で腰椎に脊柱狭窄症が起こるケースでは、片足、あるいは、両足に異状が現れます。歩こうとすると痛みを感じたり、しびれ、熱さ冷たさを感じない感覚障害、筋肉が痩せて、筋力が低下するなど。歩行障害や膀胱障害も起こります。

X線検査やMRI検査で、脊柱菅の狭小箇所、脊髄や神経根、腰の馬尾神経への圧迫がわかります。

治療は、温存療法がとられます。シップ剤を塗布し、鎮痛剤服用します。また、コルセットを着用し、首の牽引を行います。痛みが強いケースでは、筋弛緩剤を投与することもあります。首の過度の屈曲や激しい運動は避けます。

膀胱障害が出るなど症状が重いケースは、拡大椎弓切除術をします。脊柱菅の狭くなっている箇所を切り開き、脊髄への圧迫をなくすことで症状が改善できます。