HOME >>

足、腰の痛み しびれ

足、腰のしびれ 腰部脊柱菅狭窄症 

前屈みに歩くのが楽だ、10分も歩くと一休みしたくなる、年齢を重ねるとそうなっていくものです。でも、それに、筋力低下、足のしびれ、排尿し難いなどが、重なると 腰部脊柱菅狭窄症が疑われます。

脊椎ってどこを指すか知っていますか。背骨のことです。椎骨とクッションの働きをする椎間板が重なって腰まで続きます。その内部には、脊髄や神経根が走っています。脊椎の下部、腰のあたりを腰椎といいます。腰椎の内部を走るとき、脊髄神経は馬尾神経と呼ばれます。その馬尾神経が走る腰椎のトンネルを脊柱菅というのです。この脊柱菅が、遺伝、加齢、腰椎すべり症のため部分的に狭くなり、馬尾神経や馬尾から枝分かれした神経根を圧迫することで、発症します。

しばらく歩くと、足が重い、しびれる、痛いと感じ、歩けなくなります。でも、しばらく、腰掛けたり、休むとまた、歩けるようになります。前屈みになると神経への圧迫が緩むので、杖、手押しカートを使えば歩きやすくなります。

専門医を訪れると、X線検査、MRI,CT検査を行います。閉塞性動脈硬化症など、血管障害の疑いがなければ、保存療法がとられます。

まず、神経を圧迫する動作を避けます。杖、手押しカートを使うなど、日常生活に気をつけると、症状がかなり緩和されます。また、コルセットを装着し、腰部を安定させます。血行の促進を促す、温熱療法、超音波マッサージや牽引も行います。非ステロイド系消炎鎮痛剤を内服し、シップ剤を貼ります。血流を良くする循環血流改善薬を服用することもあります。痛みがひどいときは、痛みをブロックする局所麻酔薬を注射します。

症状が改善されない、筋力が低下する、排泄障害があるケースでは、脊柱菅を拡大し馬尾神経を圧迫しないようにする手術が提案されます。