腕が痛いとき、あなたはどうしますか。

 

シップする。

入浴剤を入れて風呂に入る。

ワインを飲んで寝てしまう。

温泉に行く。

 

若いときなら、それで治ったかもしれません。

でも、年齢を重ねるとそれもあまり効かないのです。それどころか、原因となる行動から2、3日してから症状が現れるのです。そのため、痛みの原因がわからないこともあります。

そこで多くの人はマッサージや鍼治療、整体に行きます。

揉んでもらったり、鍼や整体で筋肉の凝りや筋の炎症をほぐしてもらったりします。ここで、ほとんど良くなります。しかしながら、揉んでもらったあとに疲れを感じることもあるでしょう。

また、治ったと思ったのに、しばらくして同じ症状が現れたりします。痛みが取れたので、ばりばり元通り働いたからかもしれません。

 

そして、今度は病院へ行きます。

レントゲンを撮り、MRIを撮り、血液検査をします。そこで、あなたは愕然とします。首の骨にがたが来ているとか、LDL値が悪いとか、頚椎に炎症が起きているとか、椎間板ヘルニアだとか、病名を知らされます。

 

シップをもらって、抗炎症剤をもらいます。

ビタミン剤や抗生剤をもらうこともあります。違う科に回されることもあるでしょう。経過観察で様子を見ることもありますし、腫瘍や結石など手術がすぐ必要なときもあります。また、痛みが強いときは神経ブロック注射を行うこともあります。

 

そこで、あなたは気が付くでしょう。ああ、十代の頃のようには、もう動けない、働けないのだということを。

あなたの体は老いてきたのに、あなたが今まで通り働こうとするので悲鳴をあげていたのです。

あるいは、あなたの生活の無理があなたの体に現れたのです。どんな人でも年をとり、加齢による体の変化は避けられません。手、腕、肩、腰、足の痛み、しびれ、ふるえと上手につきあっていきませんか。

自分の症状を知り、そのままにしないで、いろいろとケアしていくことが大切なのです。